オフィスビル

オフィスビルの情報システム

日本においては昔からオフィスビルに対してそれほど機能を求めることはありませんでした。従業員一人当たり5~8平方メートルの床面積があればそれで良しとされてきました。
しかし近年、オフィスビルに対する要求は変化し、付加価値として最新の設備を備えているオフィスビルは賃料にも大きく反映されるようになりました。特にOA機器の普及に対応した情報通信系、電話系、設備制御系の情報システムの構築は、そのビル内で働く従業員から高い評価を受けるものとなっています。
具体的に設計では、電話配線などを床下か天井裏を這わせるようにしたり、IT機器を無線で使えるよう無線アンテナを配したりします。さらに機器の世代交代や配線の変更などにも臨機応変に対応できるよう、床や天井裏のパネルは取り外しが可能になっていたりします。その為ひと昔前のオフィスビルに比べて天井高が高い空間デザインになっているのも、価値を上げる要素のひとつになりました。

オフィスビルの省エネ対策

近年、日本でも温室効果ガス排出の制限は厳しさを増してきました。国内での温室効果ガスのうちおよそ87%がエネルギーを起源とする二酸化炭素によるもので、その大きな排出源のひとつであるオフィスビルついては設計の段階や既存のビルに対しても対策が求められています。
さて大規模なオフィスビルの中で、いったいどの部分が一番多くのエネルギーを消費しているのかというと、まずコンセントや照明、給湯、熱源機器などが主なものとしてあげられます。設計段階では、例えば照明装置や熱源機器の部分化などにより使用者レベルの省エネ対策をしやすくします。
また、ビル内における時間帯別エネルギー消費量では、朝の出勤時間帯が一番照明やコンセントの負荷が大きくなる時間帯です。特に冬場は暖房などを一気にかけるため空調に伴うエネルギーを多く消費します。そして昼間の時間帯ではやはり照明における節約が大きなポイントになります。季節によっては空調の使用により変動が大きい時間帯でもあります。ですが個人の心がけで節約ができるのもこの時間帯の特徴です。使わないパソコンの電源は切っておく、人のいない部分の照明は消しておくだけでもずいぶん違ってきます。
オフィスビルは大型化に従って商業施設とオフィス部分との複合型も多く見られますが、一人ひとりの心がけ次第でかなりの省エネになることが分かっています。都心においては特に大型オフィスビルの建設が進められていますが、省エネ対策は重要な項目として掲げられています。

オフィスビルの賃料と空室率

特に東京におけるオフィスビル市場の動向が取りざたされて分析されています。オフィスビル総合研究所によれば、2008年時点でのテナントの成約面積は大幅な減少傾向にあるそうです。それに引き換えテナント募集の面積は増加しており、今後も建築中のビルを加えるとかなりの募集面積になるとされています。すでに建築中のオフィスビルで募集開始されているところで5.0万坪の面積があります。
部分的に大規模オフィスビルで見ると、その空室率は今期では改善傾向にあり、今後の空室率については足踏みされると予測されています。これは、テナント企業の大規模ビルへの移動が多数見られることが背景にあるようです。
総じていえることは、海外におけるサブプライム問題などの影響により今後もますますオフィスビルの経営は困難を強いられるということです。中小では賃料の値下げを余儀なくされることも少なくありません。大規模オフィスビルについても例外ではなく、空室率の推移は数年前に比べて低下してはいますが、景気の回復なども含めた世界規模の発展が待たれるところです。

起業を計画している場合、最初に考慮する必要があるのはオフィスです。日本では、最初から始めるよりも、建物を借りる方が人気があります。主要な地区だけでなく、人口の少ない地域でも利用可能な賃貸物件がたくさんあります。 

都市にあるワークスペースを選択すると、町の郊外にある建物よりもはるかにコストがかかります。しかし、それはより便利であり、あなたの会社へのより多くの露出を提供します。それはあなたが完璧なオフィスビルを選ぶときに考慮すべきことです。 

オフィスのリースと場所の他に、職場の機能とデザインも考慮する必要があります。インテリアプランを考えるのに時間をかけたくない場合は、完全で機能的なオフィスデザインのレンタルがあります。

ただし、ブランドを反映した独特の外観を職場に与えたい場合は、好きな場所で作業してデザインを計画できるベアタイプのユニットを選ぶのが最善です。 

完璧なオフィスビルの構造について詳しくは、1997年のオフィスビル研究所から提供された情報をご覧ください。この組織は、オフィスビルの市況を詳細に分析し、オフィスの省エネ対策のガイドラインや設計に必要な情報システムを提示する責任があります。 

オフィスビルの情報システム 

日本では、これまでの労働者は職場であまり必要としないことが予想されていたため、オフィスビルは面倒な機能を必要としませんでした。従業員1人あたり5〜8平方メートルの床面積があれば良いと考えられています。

しかし、近年、オフィスビルの需要が変化し、最新設備を備えたオフィスビルが賃料に大きく反映されています。 

特に、OA機器の普及に対応する情報通信システム、電話システム、機器制御システムの情報システムの構築は、ビル内で働く従業員から高い評価を得ています。

具体的には、電話の配線などを床や天井の下に這わせ、IT機器を無線で使用できるように無線アンテナを配置する設計になっています。 

また、床や屋根裏のパネルを取り外して、世代や配線の変化に柔軟に対応できます。そのため、昔のオフィスビルよりも天井の高さが高い空間デザインが、賃貸オフィススペースの価値を高める要因のひとつでした。 

注目に値するもう一つのことはデザインです。今日の多くのオフィスは、従業員の士気を高め、顧客やビジネスパートナーを引き付けるために、優れたインテリアデザインに依存しています。職場に最新のオフィス家具や設備を整えることで、従業員が仕事をしやすくなります。さらに、それはあなたがトレンドに向かっていることを喜んでビジネスパートナーに示します。 

省エネ オフィスビルの対策 

近年、日本だけでなく世界中で温室効果ガスの排出規制が厳しくなっています。日本の温室効果ガスの約87%は、エネルギー消費に起因する二酸化炭素に由来しています。 

オフィスビルは、多くの電動機器を使用しているため、主要な排出源の1つです。また、常時開放されているため、通常の家庭に比べて多くのエネルギーを消費します。

そのため、日本政府はオフィスビルに職場の省エネ機能に関する対策を義務付けています。大規模なオフィスビルのどの部分が最もエネルギーを消費するかということになると、専門家はそれが主にコンセント、照明、給湯、および熱源機器であると言います。

設計段階では、照明器具や熱源設備の部分化など、ユーザーレベルの省エネ対策が容易になり、省エネに貢献します。これらの機能が建物に含まれているかどうかは、常に建物の所有者に確認する必要があります。 

もう1つの懸念は、オフィスが1日あたりのエネルギーを消費する期間です。朝の勤務時間は、照明やエネルギー消費の負荷が最も大きい時間帯です。 

寒い季節に従業員を快適に保つために、職場では給水と空調の両方で暖房が必要なため、天候については、冬が最もエネルギーを消費する季節として歓迎されます。

使用していないコンピューターの電源を切り、建物の空いている場所の照明を消すだけで、大きな違いが生まれます。この目的に参加し、できる限りエネルギーを節約することを強くお勧めします。 

オフィスビルの規模が大きくなるにつれ、電気の使用を必要とするより複雑な機器や商業施設があります。ただし、オフィスで使用されていないデバイスをオフにするすべての個人の努力に応じて、かなりの量のエネルギーを節約することは依然として可能です。  

オフィスビルの賃料と空室率 

オフィスビル研究所によると、2008年現在のテナントの契約面積は減少傾向にあります。これとは対照的に、入居者募集面積は日々増加しており、本土で建設中のビルが完成すればさらに増えると言われています。

一部の大型オフィスビルを見ると、今期は空室率が上昇傾向にあり、今後の空室率は停滞することが見込まれます。これは、多数のテナント企業が都市部や人口密集地の大型ビルに移転したことによるものと思われます。 

全体として、海外のサブプライム住宅ローン問題の影響により、オフィスビルの管理は引き続き困難であると言えます。中小企業はしばしば家賃を引き下げ、低額の支払いを提供するテナントを受け入れることを余儀なくされています。 

大規模オフィスビルも例外ではなく、空室率は数年前に比べて低下しているものの、今後は景気回復を含むグローバルな展開が見込まれます。

、あなたのオフィススペースのために考慮すべき主な要因は、 

あなたはここに、あなたの新しい職場のために借りることを計画している場合はあなたがあなたのビジネスのための最高の意思決定を作成するために検討する必要があることをいくつかのものは、次のとおりです。

  1. 場所とアクセシビリティ 

場所はあなたが必要とする最も重要なものの一つです完璧な職場を選択する際に考慮する必要があります。顧客、従業員、および仕事仲間の両方がオフィスにアクセスできるようにすることは、ビジネスの成功に大きく貢献します。

それとは別に、メイン地区のバー、レストラン、モールに近い職場を持つことで、従業員の士気を高めることができます。 

  1. 価格 

オフィスビルと完璧な職場を借りることになると、すべては価格とあなたがあなたの新しいオフィスに支払うことをいとわないものに要約されます。あなたの家賃の価格はあなたの会社の純利益に影響を与えるだけでなく、あなたがあなたのビジネスで管理できる準備金のレベルを決定します。

このため、予算を設定し、家賃の支払いを希望する金額を設定する必要があります。さまざまなリース会社にオファーを行い、ブランドのイメージに合う場所を選択します。 

職場に少額の助成金を支給すると、従業員の士気にほとんど影響を与えない標準以下のオフィスになる可能性があります。さらに、それはあなたのブランドに良いイメージを設定しません。 

しかし、それはあなたの費用に余分な負担を加える可能性があるので、あなたの職場での過剰支出も良くありません。あなたがあなたのリースの予算を立てることができるようにあなたの建物に隠された料金がないことを確認してください。 

さらに、リース会社に条件とリース価格の引き上げを計画している時期を尋ねて、価格の突然のピークに驚かないようにし、次の動きに備える必要があります。   

  1. 会社の規模 

建物の規模は、組織の規模と一致している必要があります。従業員にとって不便なことをしたり、狭いスペースに詰め込んだりしてお金を節約したくないでしょう。 

ただし、これがあなたのビジネス全体のあなたの唯一の支出ではないので、過剰支出することもお勧めできません。 

原則として、すべての従業員は、オフィスで安心できるように、少なくとも21平方メートルを持っている必要があります。あなたがあなたの職場を選ぶとき、そしてあなたのニーズに対応できる建物を見つけようとするとき、これを覚えておいてください。

あなたがあなたのビジネスを拡大することを計画しているならば、あなたがまだ十分な従業員を持っていなくても、より大きな場所を見つけることが最善です。現在のリース料金は低く、将来的には増加すると予想されるため、時間とお金を節約できます。