ネット証券

ネット証券のシェアランキングと手数料

投資家となるにあたって、多くの人は複数のネット証券に口座を開設します。そしてそれぞれの利点を所持してリスクを分散させています。
さて、現在の総合的な人気ランキングと各社における手数料を調べてみました。ネット証券の組み合わせを考える際、参考の一つにしてください。
(\が手数料、その前が取引金額を指します。)

1位 SBI証券・・・ 10万円\200円 20万円\250 50万円\450
            100万円\800 200~300万円\1,500

2位 マネックス証券・・・(成行)10~100万円\1,050 200万円\2,100 300万円\3,150
          (指値)10~100万円\1,575 200万円\3,150 300万円\4,725

3位 松井証券・・・ 10万円\無料 20万円\315 50万円\525
            100万円\1,050 200万円\2,100 300万円\3,150

4位 ジョインベスト証券・10万円\100 20万円\200 50万円\400
              100万円\750 200~300万円\1,500

5位 楽天証券・・・(口座開設後3ヶ月)10~20万円\無料 50万円\472
            100~150万円未満\840 150万円~\1,575 
          (   通常   )10~50万円\472
            100~150万円未満\840 150万円~\1,575  

6位 丸三証券・・・(口座開設後2ヶ月)完全無料
          (   通常   )10~20万円\210 50万円\525
            100万円\1,050 200万円\2,100 300万円\3,150  

7位 カブドットコム証券・(成行)10~20万円\500 50~100万円\1,050
                  200~300万円\1,890 
          (指値)10~20万円\1,025 50~100万円\1,575
               200~300万円\2,415

8位 オリックス証券・・・10~20万円\315 50万円\473
             100万円\945 200万円\1,890 300万円\2,835  

9位 クリック証券・・・10~20万円\105 50万円\315   
            100万円\525 200~300万円\1,050

10位 そしあす証券・10~50万円\231 100~300万円\462

ネット証券でおすすめの投資信託

投資信託は、小口の投資から始められるとして初心者にも向いているファンドの一つです。投資商品の中でも人気は絶大で、どのネット証券でも取り扱っています。
投資信託を始める場合、まず証券会社の手数料などの特徴を比較してみることが必要ですが、ここで投資信託部門における人気ネット証券をいくつか取り上げてみました。こちらも参考にしてください。
投資信託の販売金額でトップクラスなのはマネックス証券です。ここのメリットは申し込み手数料無料のファンドが多数あることと、投資信託初心者のためのサイトを開設していることです。そのため初心者からベテランまで様々な投資家から支持を得ているものと見られます。
SBI証券も投資信託において人気が高い会社です。業界トップクラスの手数料の安さと、投資信託以外の商品ラインナップの豊富さが投資家にとって魅力的なのでしょう。
世界規模で運用実績のあるフィデリティも投資信託において人気です。ここでは取り扱いファンドの半数以上が海外投資信託で、申し込み手数料無料の商品が実に82本もそろっています。手数料を気にしている、海外の投資信託にも目を向けているという投資家には、口座を1つ持っていても良い証券会社ではないでしょうか。
ちょっと面白いところでリテラ・クレア証券があります。投資信託で人気なのには独自の分析力に秘密があります。「ファンド・メイド」というツールを搭載しており、投信商品を多角的に分析し、それをグラフを用いてビジュアル化するので初心者にも非常に分かりやすく選べるようになっています。手数料無料ファンドも取り揃えています。
なお、これらの情報は様々なサイトでも公開されています。是非、手掛かりにしてください。

おすすめのネット証券

ある証券会社一社のみで取引をすると、商品やツール、手数料などを全てそこに委ねることとなりますが、全ての条件が一番というネット証券はありません。投資家がデイトレーダーであるのか、日中は仕事を持っているのか、資金は豊富なのか少ないのかなど生活スタイルは千差万別であり、それによって証券会社をいくつか選ぶというのが最良の方法のようです。投資家の平均では5つのネット証券と取引しているようです。
そこでおすすめの証券会社組み合わせをいくつか紹介いたします。

・SBI証券+ジョインベスト証券+マネックス証券
  手数料の安さとサービスの豊富さで初心者向き

・ジョインベスト証券+カブドットコム証券+マネックス証券
  自由な売買を可能とし、サービスも多彩で上級者にも向く

・ジョインベスト証券+マネックス証券+オリックス証券
  手数料の安さと情報料無料、E-ラーニング無料のサービスつきで、得を追求したい人向き

・楽天証券+ジョインベスト証券+カブどっとコム証券
  多彩な商品ラインナップで、ミニ株、プチ株、夜間取引など取引も多彩。
大口・小口投資、ハイ・ローリスクに対応

・マネックス証券+松井証券+オリックス証券
  幅広いファンドと手頃な手数料でバランスの取れた構成


いずれの組み合わせにも「手数料の安さ」は外せません。あとは、いかに株取引に精通しているかによって商品ラインナップの多彩さを加減したり、逆指値が可能であるか、キャンペーンを実施しているかなど、条件は色々考えられます。
リスク回避のため儲けだけを追求するわけにはいかず、ネット証券を楽しんで長く続けられるようにしなくてはなりません。